工房ブログ

2020年10月23日|岡原 拓彦

キャンパーの旅

中々暇が無くて、ki・co・rin(きこりん)号の旅は、お正月の別府~熊本旅行以来、行っておりませんでした。

今回念願の伊勢参りを軸に旅をしてまいりました。

初日は仕事終わり次第出発で、いける所まで行くという事で、どおせなら姫路城を見ようと言う事になり、、姫路で高速を降り、もよりの道の駅へ。

 

朝一で姫路城を散策。土佐漆喰に覆われた天守が朝日に輝いていました。人通りも少なく、お城の散策を楽しめました。

散策を終え、一路滋賀県のラコリーナへ。

高速を約2時間30分、でラコリーナへ到着。

開店が9時ななので、此処も人手は少なく良い感じでした。キャンパーの旅は時間の調整が出来るので良いなと感じました。

藤森さんの建築は楽しいですね。

老若男女に愛されるのが分かります。一番に彼が楽しんで建てた事を感じられ、今の建築に無くなりつつある、建てる喜びの重要性を感じました。

直線がほとんどない建築は、自然界と同じで、何か懐かしい。

一番気に入った所は、屋根の芝生に水やりをやっているので、天気が良くても、ポタリ、ポタリと落ちる水滴が、

その排水路に、生態系を作り出している所でした。土と水があると涼しいし、心も柔らかくなるかんじがします。

ラコリーナ見学を終え、近くの近江八幡市へ。

八幡堀をめぐる遊覧船はあいにく満員。近江八幡市の町巡りに切り替え、古い町並みを歩きました。結構あるかされ、へたばります。

午後3時をまわったので、一路、信楽まで。軽トラキャンパーは、狭い道でも安心。ナビ通りに走っても問題ありません。

たぬきの置物で有名な信楽焼きですが、スルーして、陶芸館で若い作家さんの作品を展示している店を紹介してもらい、カフェ用の大皿を購入。

信楽を出たのはもう5時を過ぎ暗くなりかけのころ。宿へ泊るなら急がないといけない所ですが、キャンパーなら焦らずに済むので、時間を有効に使えます。

伊勢神宮近くの道の駅で宿泊。あまり人気のないのも寂しいが、木製キャンパーは、テントなどと違い、安心感が半端ない。

伊勢神宮も朝一で参拝。

空いているので良い。朝一は空気も涼しく,参拝には良いと感じた。

ただ、おかげ横丁とかの店が開いてなく、少し残念。

しかし赤福本店は、早くから営業していて、お茶と赤福を頂きました。

残念だったのは、名物の赤いかまどが修復中だったことですが、こんな竈を見ることは中々出来ない。

又の楽しみにします。

伊勢志摩のあたりを観光。知多半島にフェリーで渡り、常滑に行こうとしたが、フェリーの時間が合わず、結局南を回り那智の滝へ。

このあたり、キャンパーは便利だと感じる。 自由度が格段に違う。

夕方、那智の滝を見て、勝浦温泉に入り、地元の人に聞いた店で食事。道の駅は串本が良いと聞き宿泊。

夜は一台しか車が無かったのに、朝起きてみたら、車がずらり。

ここ串本の、道の駅橋杭岩は、全国的に知られる朝日の写真スポットだそうです。

3泊目と言う事で、車中泊にも慣れ、少し寝過ごしてしまい、皆の注目を浴びる中、急いで着替え写真を撮りました。

やはり海は気持ちがいい。

 

 

そして今回の最終目的地、美術館ホテル川久へ。

 

総工費400億円。

一本1億円のイタリア磨きの円柱。天井は金箔を貼って仕上げている。などなど見どころ一杯。

最後にki・co・rin(きこりん)をホテルの前に止めて記念写真。

総工費は400億円かかったらしいホテルの前においても違和感がありません。

土の力、木の力。3泊4日の旅は、和歌山からフェリーで夜9時頃我が家に到着。

疲れましたが、木のキャンパーの居心地の良さに助けられ、楽しめた旅でした。

木のキャンパーは売れると確信。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1