建築実績

H29年 香川県高松市 K邸

高松市郊外に立つ、平屋のポスト&ビームのログハウス。
土地は広く、将来を見据え若いカップルだが平屋に拘って設計している。
高知産の木にこだわり、自身が卒業した高知大演習林のヒノキを自ら伐って、皮むきした丸太を3本リビングの梁として使った。
丸太を使った家は高いと言う錯覚を、乗り越え、どうすればコスト削減が可能か話し合って実現した。
要所要所に丸太を使った平屋の家は、風雨に強く耐震性も高い建築になっている。

外壁は土佐漆喰はんだ仕上げ。室内は漆喰と板仕上げ。クロス仕上げと併用。
自然素材仕上げの家が、近くにはあまり無く、風景に溶け込んだ物件。

リビングより、光を取り入れる廊下

リビング和室入り口。