工房からのお知らせ

2019年3月3日

より想いの多い家を、建てて行きたい。

去年の寒さが嘘のような暖冬ですが、朝夕はさすがに寒く、ログハウスの北の溜池からは温度差により、水面に霧が立ちます。
でもこの時期にしては雪も降らず、暖かい西予市宇和の現場です。

ポスト&ビームの板倉の家は、玄関横に丸太の力強い筋交いが印象的なログハウスです。

玄関を入ると直径一メートルは有ろうかと言う、杉の根張りの梁が、どんと目に入ります。

上棟式が遅くなりましたが、先日行われ施主様御夫婦と、棟梁が四方を清め、盛大に餅まきが行われました。

こういう儀式は近頃少なくなって来ましたが、ズートその場所に住むのであれば、近所の挨拶も含め、やる事に意義はあるのではないかと思います。ただそう言う事にこだわらないのであれば、やらなくても問題はありません。

この近所では、最近家建てで、つち音や、金槌の音を聞くことが無く、皆さんが懐かしいと言ってくれます。
設計通りの、パソコンで書いた図面通りの家しか建たなくなって来ています。

安く、早く建てる事が優先され、施主の思いが入る余地が、大変少なくなったと言う事です。

建てる時の時間が短くなる程に、家に対する愛着も少なくなって来ていると、感じています。
私は、早く安くはもう古いと思っています。良い物をつくるには、時間が必要です。
ただ、そのせいで手が届かない物になるのでは意味がありません。少し頑張れば手が届く事も必要だと思っております。

家は住もうと思えば、プレハブ小屋でも住めます。長く愛着を持って住むには、思い出、物語がいるように感じてます。

どこの山で、誰が、いつ伐り、誰が運び、誰が躯体を刻み、誰が壁を塗り、施主がどう言う想いで建てたのか。

物語が多い家ほど、長く建っていると、今残っている家が語っています。

大きい、値段が高いに関わらず。

私達は想いがより多い家を、これからも建てて行きたい。

宇和の豆腐屋、豆道楽さんの家は5月までには完成予定です。

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1