工房からのお知らせ

2017年9月9日

高知のラーメン

高知のラーメンも、チェーン店が進出して来て、全国の有名ラーメンが食べられるようになりました。
良くなったような気がしますが、高知に来て東京と同じラーメンを食べる貧しさ、味気なさを覚えるのは、私だけでしょうか。
少し前までは、いごっそうな おんちゃんのいる店が結構あったのですが、いつの間にかどんどん減り、高知らしい店が少なくなっています。

私の一番のお気に入りは、旭軒のラーメン。チャーシュー2枚、しなちく、ネギ、キャベツ、ウズラの卵が乗った、あっさりとした透明なスープで細麺のラーメンです。
スープが細麺に絡んで最後までおいしく食べられます。

旭軒に行ったら、ラーメンと一緒に必ず頼むのが、蒸し餃子。非常に気に入っており、最後の一個は下に敷いてある白菜で巻いて食べるのがルーティーンになっています。

少し高いのですが是非高知へ来たらお試し下さい。
チェーン店の味は、私にとっては、濃すぎて刺激がありすぎるように感じます。
一度食べると、しばらくはいいかなーと思えます。
旭軒のラーメンが、又食べたいなと思えるのは、高知の風土が作り出した、高知の味だからだと感じます。

家もラーメンと同じ様な現実があります。
高知で建てている一戸建ての7割は、ハウスメーカーだと言われています。
残りの3割を、地場の工務店が建てていますが、ハウスメーカーと同じような建材を使いたてられています。

国の政策や、銀行融資等の不利な点もありますが、地元の素材を使って建てる家が減ってきているのは、きっとCM等のメディアの影響も大きいのでしょう。

でもよく考えたら、30年前後で壊してしまう家にお金を払い、高知の風景を失い、お金を都会に払い、貧乏な県になるなんて、悲しいですね。
本当に良い家とはどんな家か、100年スパンで考えるようにしましょう。地元の素材で建てる家は、風景を作り、修理しながら100年~200年と住み継げる家です。

アイビーログ工房は、地元の素材を使い、愛され、快適に住み継げる家を、これからも建てて行きます。
地元の素材を多く使い、極力建材を使わない建築は、地方の未来を作り、豊かにしていく力が有ります。
本当に良い家はどんな家か、考えて建てましょう。
安いだけに走ると、全ての、地方の文化を壊してしまいます。

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1