カフェアイビー便り

2019年4月16日

早いもので、今年も桜の季節も終わり、初夏の装いに変わって来ました。

肉、小麦粉を使わない、カフェの食事の特徴は、次第に浸透して来たように感じています。

何処から来たのか聞くと、遠くからわざわざ来店して下さる方も多く、驚きます。

女将の食事の考え方に賛同してくれる方が多くなり、やりがいも感じているようです。

家と同じで材料も、何処で、誰が作っていて、誰がどういう風に流通させているか、分かる事がいかに大切かを感じています。

流通が複雑に進化しすぎて、何処で作っているのか分からないことは、問題だと感じています。

衣、食、住、全て繋がっていて、地産地商が全ての基本。

アイビーで作っているので大丈夫と、認識していただけるように、これからも拘っていこうと考えております。

もちろん味も大切です。これからも精進してまいりますので、ログハウス共々よろしくお願いします。

ベーコンは肉ですが、塩とハーブだけしか使わずに、

この燻製小屋で作っております。

この前アメリカのお客さんが食べた時に、日本に来て初めて本物のベーコンを食べたと言って頂きました。