工房ブログ

2017年8月8日|okahara saori

ぴんぽんカフェ

{ 米粉と大豆ミートのごはんとおやつ } でおなじみ、
カフェアイビー店主の趣味は

今や大人気のスポーツ!!!

卓 球

です!!!

キャリアも腕前もスゴイ!!!
のですが、その話はまた今度。。。

そこからつながって、今年の春に「ぴんぽんカフェ」オープンのため
内装等のお仕事をさせていただきました。

まずは自宅の一室のリフォームから
▼before / 壁を剥いだところ
ビフォー写真

途中
リフォーム途中写真
こうなって・・・

▼after
アフター写真

なんということでしょう・・・! (←某番組風に)

アイビーログ工房の匠たちの力が結集して、
木のぬくもりが感じられる空間に見事に生まれ変わりました。

つづいては
事務所

元工場の空間にできあがった木目がやさしい雰囲気ぴんぽんカフェのスペース。
きっとお客様の憩いのスペースとなることでしょう。

去る4月にお披露目に
工房のスタッフもお餅まき部隊として、トラックの上から参戦しました。
お餅まき

お天気にも恵まれ、快晴の中、一時周辺は
こどもから大人までご近所の方で大賑わいでした!

その後、お店の看板作成を依頼され
当時入社1ヶ月目の新人ヘタレ女子は、
ノミやペンキと格闘しながら
人生最大級の製作物を手がけさせてもらいました!

木をロクに触ったことも無いわたくしが
大胆にも巨大看板に取り組むことになったのは、
看板に使おうと用意されていた材を見て

木の幹に見える・・・

と言ったことがきっかけでした。
そこから

「やってみなはれ!」

とサントリーの創始者鳥井信治郎氏の言葉のごとく

先日のブログでアイビーログ工房は新人でもチャンスを与えてくれる会社であると書いたように、勢いで作ることになりました。

お手製のペンキ入れ。
作ってもらって、とってもテンションあがりました!
木製看板

はじめてノミを使ってせっせこら文字彫り。
「森」の部分はアイビーログ工房らしく枝を使って

木製看板

木製看板

自分ひとりではできなかったことがいっぱいですが
こうやって仲間の力を借りて無事に設置。
木製看板


はじめての経験でしたが周りの協力を得て形にすることができ、
取り付けが完了したときは
ほっと一安心。

お施主さまの笑顔で、やってよかったなという気持ちが芽生えました。

そして看板取り付けから2ヶ月たった本日、はじめてぴんぽんカフェにお客としてお邪魔して来ました!

ぴんぽん指導

30分300円でなんと指導付き。

球技苦手、運動もしてない今日この頃ですが
とっても分かりやすく一から教えてもらって
気持ちの良い汗をかいて参りました!

週に1回でも通えたら、

私の二重あごもスッキリとエッジの効いたシャープなラインが現れる!!!!!

かも・・・しれないと胸を躍らせた次第です。

終わった後はカフェでお抹茶を一服。
カフェメニュー

心も体もスッキリとリフレッシュでしました!

木製看板

今回使用した木材は、ケヤキ・タモ・スギ・ヒノキの4種。

設置したときから時間も経ち、木から自然と出てくる油分や日光によって
刻々と変化する質感に、木ならではの良さを感じました。

ときおり吹く風に、ぴんぽん玉もゆらゆら揺られて
今日も元気に営業中のぴんぽんカフェ。
近いうちにまたエクササイズしに伺いたいと思います!

そしてアイビーログ工房では、まだまだ新しい仲間を募集しています!

どうぞよろしくお願い致します!

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1