工房ブログ

2020年8月27日|岡原 拓彦

我々が板倉工法に、徹底的に、こだわる理由。

高知市春野のK邸、建て込みをしました。

連日40度に迫る猛暑の中、K邸の建て込みは過酷でした。

丸太との格闘もありましたが、板倉工法は、柱と柱の間に板を落とし込みながら組んでいきます。

影が無いので一日作業をすると、皆、声も枯れてきます。

普通の家の建て込みは、1~2日で、屋根の野地板まで行きますが、

アイビーログのポスト&ビームの板倉は2週間程掛かり野地板までが終わります。

家を建てると言う事は、本当に大変だと言う事を、体感します。

厚板を張り、ルーフィングを敷き、断熱材を詰め、野地板をはります。

その後屋根屋さんが再び空気層の上にルーフィングを敷き屋根材を張り仕上げます。

コンパネ等の、合板を使わずに仕上げるので、壊す時にも、土に返す事が心配無く出来る事に、本当にこだわっています。

板倉工法の良い所は、国産の木材だけで家を作れる事にあります。コンパネや、CLT等を接着するボンド等は使いません。

本当に無垢材だけで作るので、シックハウスは出ず。火事の時も有毒ガスは出ません。{ルーフィング等シート類はつかっています。}

断熱材は杉の皮をトウモロコシのノリで固めた物を使います

何故自然の物にこだわるかと言うと、人に安全だからです。

作る側も、作った後も、住む人も安全だと言えるからです。

地産地消は、やはり安全。

私は15年近く外航船に乗る船員でした。輸入する時、検疫があります。

輸出する側も、虫等が入らないようにします。

残存する薬物が無い国産の木は、絶対的にやはり安全なのです。

だから私たちアイビーログ工房は、徹底的国産材をつかうのです。

見えない下地の木にさえも。

板倉工法に拘る理由は国産材で、完結出来ること。

手間が掛かっても続ける理由です。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1