工房ブログ

2019年6月11日|岡原 拓彦

今の時代に求められる建築。

板倉構法の建築現場は、丸太と製材された木材で溢れる。

現代の建築で、これ程木材を使う現場は見た事が無いほど溢れます。

自然破壊、気候変動と言う言葉を聞かぬ日は無いこの頃。

あえて木材を多用することに、疑問を持つ方もおられると思いますが、

今の日本にとり、この建築が一番エコな建築だと言うことが出来ると考えて、建てています。

「写真は施主さんによる、新月伐採の現場。」

国産材を使う事が、運搬に関わる燃料の節約となり、山の間伐も促進できます。

山が整備される事により、水もきれいになり、川、海も綺麗にする事が出来ます。

何より、木、土だけ使う建築は、シックハウスも無く、精神的にも、リラックス出来る家です。

しかし良い事だらけなのに、何故普及しないのか。

合理化できないので、大手企業が参加しない。

こういう建築があること自体を知らない。

杉、桧を伐採する事が、山の整備になる事を知らず、自然破壊に加担する行為だと考えてる。

建築に興味が無い。{私も、この仕事をするまでは、家は全て同じだと考えていた}

大工さん等、建てる人の声が聞こえない。

一番は、コストが高いと思っていると思わされている。

安い、早いが一番と考えるのは、もう古いと考えています。

どんな暮らしがしたいのか?

その為にはどんな家、素材が必要か?

やはり、興味、知識が必要だと想います。

その為にはデザインも大切。

かっこよい家なら皆興味を持ってくれるでしょう。

かっこ良く、住みやすい家が、アイビーログ工房の今年のテーマです。

ただのかっこ良い家は、長く住み続けるには、問題が多いのも現実。

昔ながらのデザインには、長く住み続けられるヒントがたくさんあります。

デザインは引き継がれる。その中に新しい考えを入れ込むことが大切だと考えています。

水の少ない他の国で、これだけ木を使う建築は考えられません。

 

今の日本でしか、この建築は正当化されないのだと考えると、ある意味、とても贅沢な建築です。

今、こういう建築を建て、未来に残す事はある意味、とても大切な事だと考えています。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1