工房ブログ

2017年9月6日|okahara saori

JK ワッショイ!

「 J K 」

と聞いてみなさんは何のことかお分かりでしょうか。

 

知ってるよ、女子高生の略だろ

と思われた読者の方、

私の心は他所にあります。

 

以前元同僚の人にこんな話を聞きました。

 

 

昔は仕事の関係で家族みんなで海外に住んでいたけれども
お父さまが一生懸命働いて東京に家を建てられたそうです。
 だけれども相変わらずお父さまは今も海外に赴任されていて
 そのおうちには、自宅警備員が二人居て、
家に帰っても居場所がないそうです。

私はこの話を聞いたとき、
東京の一戸建てに住み込みで自宅警備員が二人もいるなんて、
なんだかよくわからないけれどすごいわ!
と思ったのです。

が、その後も自宅警備員の話が会話に良く出てくるので
よくよく聞いてみると、自宅警備員とは
とあるオンラインロールプレイングゲームの頂点に君臨し
家でPCの前で終始鎮座するお母さまと
引きこもりがちな学生の弟さんのことだったのです・・・!

そう、自宅警備員とは必要以上に家から出ないご家族のことだったのです。

 

はじめてそこで自宅警備員の意味を悟るのですが
 
本日たまたま見たページが

 ネット用語についてで
 
そのページでは、JKとは

 

自宅警備員

 

を指すとのことでした。

そんな市民権を得た言葉だったのか!

とびっくりした夏の終わりです。

 

で、本題に移りまして、

我が家にも自宅警備員のいらっしゃる場所と言うと

大変失礼にあたるのですが、、、

K M D N
 
を先日置かせてもらいました。
 

K M D Nとは

 

 

 

家の中にあってわれわれを日々見守ってくださる神様を

お祀りする場所

K A M I D A N A

神棚にございます。

 

ということで、今年アイビーログ工房が作った神棚三連発です!

平屋の事務所に
インテリア 神棚_01
 ワッショイ!

アイビーログ工房の2階の事務所に
インテリア 神棚_02
 ワッショイ!!

そして我が家に、雲をイメージして
インテリア 神棚_03
Woooo!!
ワッショイ!!!

賃貸なので、こじんまりと設置しています。

 

ちなみに二番目と三番目の神棚のお社は、
伊勢神宮の式年遷宮での古材からできていているそうです。
形を変えても、最後まで無駄なく利用できて
ご利益がありそうな(笑)有難い気持ちになれるなんて
木ってすごいなぁと思った次第です。

 最近のご家庭では神棚を置かれないところも増えてきているそうですが

神棚が家の中にあると、氏神さまのことから自分が住む地域の縁起が分かって

転居してきた立場から見ると面白いなぁ、なんて思います。

神棚から地域とつながる、自然とつながる。

 

アイビーログ工房では、お客様のご要望に合わせて
木を使って神棚のような小さなものを作ることも可能です。

 

 

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1