工房ブログ

2017年9月5日|岩橋良樹

わかっちゃいるけど難しいこと

 私事ですが、
先日サーフィンをしていた時にカメラ代わりに使っているipod touchと共に海に入ってしまい、もちろん故障。
なので最近のログワークの写真をとれていません。

かわりに、とはなりませんが今日はサーフィンの話を…

サーフィンと聞いて何をイメージしますか?
波に乗るチャラい遊びなんて思われがちですが、実は結構奥の深いスポーツです。

遥か彼方の上空で発生した風がうねりとなって海をわったてくる。
そのエネルギーの終点である海岸線、そこに山から川を伝って運ばれた砂や石によって波が崩れる。
サーファーが岸まで波を乗りつぐと自然のサイクルもいったん終わる。
波にもまれ、時には地面に叩きつかれ、たまに自分の波が来る。
その瞬間はまわりがゆっくりで本当に自然の一部になったと思える。

「自然は循環している」なんて教科書に出てくるような言葉を皆さんも知識としては持っているかもしれないが、
サーフィンはそれを肌で実感できる唯一のスポーツだと思っています。

山あっての川、川あっての海というのはサーフィンだけでなく林業にも似たような事がいえます。
山で伐られた木が川中である僕らのような加工者によって製品になり川下の生活するひとに使われる。
このサイクルがあると山も手入れがされ豊かになる。

言葉にするのは簡単だけど実感するのは難しいし実現するのはもっと難しい。

アイビーログ工房も物部川の上流で伐採された木を工房で形にしたり、カフェアイビーで食といっしょにアピールしているが、
量をさばけるわけでないので広く普及は出来ないし山に還元できているとは言い難いのが現実です。

サーフィン同様マイナーなログハウスが山と生活を豊かに出来るよう僕らも日々模索中です。

山も川も海も一度に眺めれる高知だからこそやれることがある!と信じて頑張ります。

 

ちなみに翌日のサーフィンでは携帯電話とともに入水しメモリー全滅…
頑張りすぎもよくないかもです。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1