工房ブログ

2017年9月1日|岡原 玄八

野菜作り

私、今年はほんの少しですが野菜を庭で作っております。
はじめに土や落ち葉を山から取ってきました。
植えつけれるように畝を作って植えまして。
植えてから苗の間は雑草が生えてこないように土の表面を落ち葉で覆ってみたりしました。
でも、少しは雑草が生えてきて。。嫌な気持になりながらも。。
実は雑草は土を耕してくれるみたいな記事を読んだりして、敵視しなくなってきたり。(根が土をほぐしてくれるんですね♬)
雑草に負けないぐらい大きく育ってきたら、、最近は放置気味。もう雑草に負けないみたいで。
最近は野菜たちの、嬉しい収穫の日々が続いています。

色々な野菜を植えつけた頃の庭の畑の写真です。ほんの少しだけれど、庭の畑が自然との繋がりを感じさせてくれる日々です。
日々、野菜たちを眺めているといろいろと野菜が私に語りかけてきてくれます。
パプリカはたくさんの実を付けようとするけれど、いっぱい実を付けるほど大きな実に育たないみたいとか。
オクラは適度な大きさで収穫しないと大きくて固くなっちゃうこととか。
ズッキーニはスーパーで見かけるようなサイズで成長が止まるわけではなくて株が元気な間はどんどん大きく育つこととか。
摘芯することでで成長をコントロールできることとか。
いっぱい野菜たちの声が聞こえてきます。

日々、私は木と向かい合っています。
木々も山で日々成長を続けています。木々もこんな風に山で向かい合えば語りかけてくれることでしょう。
野菜作りから山のことへの繋がりを感じずにはいられません。地球は繋がっていますから。
ほんの庭の片隅から、アイビーログ工房が少しでもよいので山を所有して直接山へ関わる機会を作りたいと思いました。

皆さんと木というものを繋いでいけるように山のことももっと学んで行こう。
もっと自然と関わりあって行こうと野菜作りから感じる今日この頃です。

たくさんの恵みを与えてくれたズッキーニに筋なしインゲン。
虫さんに食べられてしまって収穫にこぎつけられなかったかぶ。
まだまだ収穫が続いているパプリカ、オクラ、バジル、鷹の爪。もうすぐ収穫を迎えるガーデンハックルベリー。
畑の一角にある丸いスペースは花コーナー。小さなダリアが長い間咲き続け、庭を明るく気持ちの良い場所に変えてくれました。
小さな畑なのに自分たちだけでは食べきれないくらいの量でびっくりしています。
鷹の爪の色がとっても鮮やかで辛いのを忘れてしまいそうになります(笑)


 

 

お気軽にお問い合わせください

アイビーログ工房

0887-50-1774

E-mail:okahara@live.jp
FAX:0887-50-1770
高知県香南市香我美町口西川1436-1

湖を眺める3坪のログハウスカフェ

カフェ アイビー

090-3786-3290

営業時間:11:00~16:00 定休日:水・木・金
高知県香美市土佐山田町佐竹17-1