2018.5.18 | 岡原 拓彦

ログ+板倉

ログハウスと板倉構法が出会って、もうずいぶん経った。 強度を確認するため、ログと板倉工法で作った四つの壁を、森林技術センターに持ち込み揺らしてみた。 ...

2018.4.9 | 岡原 拓彦

思い出が一杯。

大豊町の現場が終わり、足摺のT邸刻みがはじまりました。今回はポスト&ビームの板倉構法の中規模の家ですが、車庫もあり、全体ではかなり大きな規模になります。 ...

2018.2.14 | 岡原 拓彦

新月伐採

今日はバレンタインデイですが、今年最後の新月伐採でもあり、ツリーハウスの建設に邪魔な3本の杉の木を、山のプロ、松田さんの指導のもと伐採しました。 ...

2018.1.19 | 岡原 拓彦

木製キャンパー

木の家を建て続けて見て、感じた事がある。 木の空間は落ち着く。嫌な感じ、無理をしている感じがしない。 私だけかと思っていたら、住んでいる人に聞くと、みん...

2017.12.19 | 岡原 拓彦

魂の宿る家

あっと言う間に年末となり驚いています。 人手が足りず、中々仕事が進まない時期もありましたが、何とかやれてきたのは、若い力が少しずつ育ってきたからでしょう。...

2017.11.14 | 岡原 拓彦

A型トラス  応援団募集中

大豊町のフルログは、南面にA型トラスが取り付けられます。A型トラスは曲がり木の対ビームに、檜のポストが刺さります。 曲がり木は、墨打ちも、加工も手間がか...

2017.10.14 | 岡原 拓彦

サーファーこそ木の家を。木はえいわー

高知にも、近頃多くのサーファーが移住してきている。 サーファーと言えば、海岸のビーチコーミング等に参加したりして、環境に対して敏感な人が多いと思っていた...

2017.10.5 | 岡原 拓彦

塗料の選択。

  新人さんが塗装中。あいじゃくりの杉板に、大阪塗料のユーロと言う塗料を塗っています。 工房の壁にもイベントの時に塗りましたが、色褪せもあまり見られなくて、...

2017.9.16 | 岡原 拓彦

ログハウスに住み、素敵な人生の終活。

薪ストーブの設置に行って来ました。 今年春建てこみをした左官さんの家です。左官さんの家だけあって左官仕事は充実しています。 外から見ると、トタン張...

2017.8.26 | 岡原 拓彦

プライドの持てる家を建てよう。

いつの時代も色あせ無い物と言うテーマで考えると、それは自然に存在する石、土、木と言うものではないだろうか? 人間が作る新しい物、建材は、時が経つと陳腐...

2017.8.5 | 岡原 拓彦

メンテナンスして、アンティークログハウスへ

メンテナンスに行って来ました。破風と母屋の間に隙間ができていたのでパーマチンクで埋めています。 木は割れたり反ったりするので手入れは必要です。環境的に外部は厳...

2017.7.19 | 岡原 拓彦

働く大人に話を聞こう。

色々な仕事があり、それぞれにやりがいを見つけて仕事に就くが、最初から理想の仕事、自分にあった仕事に就くことは難しい事だ。 今日、南国市の香南中学校で、「働...

2017.6.29 | 岡原 拓彦

四万十町へ行って来ました。

先日工房とカフェアイビーに来てくれた、四万十町のお客さんの所へ行って来ました。 二人が生活する小さいけど素材に拘った、住みやすい家が希望との事でした。エシ...

2017.6.12 | 岡原 拓彦

ぱったん。

 東洋町に、通称「ぱったん」を見に行った。笠智衆そっくりのおじさんが、ちょうど「ぱったん」に座って話していて詳しく話してくれた。台風の時は雨戸に、普段は縁側にな...

2017.6.6 | 岡原 拓彦

今風の神棚作りました。

神棚を作りました。欅の木で、シンプルな作りです。今の家には、昔の本格的な神棚をつくる事はあまりなくなりましたが、やはり祈る場所は必要です。私も昔は神棚など必...

2017.4.26 | 岡原 拓彦

和風モダン?

大分の三浦梅園の旧宅を見て来た。藁葺きの屋根に、ピンクの漆喰壁と言うモダンさに笑みがこぼれる。 昔からこうなのか、梅園の名に合わせたのかは分からないが、とて...

2017.4.10 | 岡原 拓彦

高松市K邸、刻み進行中。

高松市のK邸、着々と刻みはすすんでいますが、このところ雨のため停滞中。丸太を繋いで母屋を製作中の写真ですが、この位置からでは、カメラに収まりきれませんでした。 ...

2017.3.19 | 岡原 拓彦

土佐山のP&B

オーベルジュ土佐山の近くに建てている、ポスト&ビームは順調に進んでいます。 土地柄、山の中腹あるので、大型車が入る事ができません。 4トンクレ...

2017.3.12 | 岡原 拓彦

簡単に買える物には、価値が無い。

物部森林組合で欅の木を買い、 近くの製材所で製材した。 直径一メートルはないが、立派な欅。3メートルの材を、曲がりに並行に板目で挽いてもらった。 ...

2017.3.10 | 岡原 拓彦

土佐山P&B、刻み終了。

土佐山のP&Bも刻み終了。明日から土台の運搬の予定。 小さいながらバス、トイレ、キッチン、薪ストーブ、囲炉裏、畳の間が取り入れられた、贅沢な空間になる予...

2017.2.8 | 岡原 拓彦

アラン・マッキー氏が教えてくれた事。

先日、アラン・マッキー氏が亡くなった。スクライバーを考案し、近代ログハウスの普及に尽力された方で、日本のログビルダーは、大なり小なり、彼の影響を受けていると思わ...

2017.1.29 | 岡原 拓彦

新月伐採

新月伐採をした。今度立てる大豊町の施主さんと物部の山で。 施主さんのお兄さんも山にあ関係がある仕事をしているのに、何故新月伐採の木にこだわるのか? そ...

2017.1.22 | 岡原 拓彦

鳥居杉

南国市の山奥に鳥居杉があります。南国市といっても、後免駅から車で一時間弱車でかかります。何と二本の杉が、枝でつながり、鳥居のようになっています。聞いてはいました...

2017.1.13 | 岡原 拓彦

高知大学の演習林へ行って来ました。

高知大学の演習林へ行って来ました。標高は聞いていませんが、かなり寒い。高知大演習林では一番標高が高い場所だそうです。林道を作っている場所の道筋にある支障木の檜を...

2017.1.5 | 岡原 拓彦

明けましておめでとう御座います。本年も宜しくお願い致します。

明けましておめでとう御座います。本年も宜しくお願い致します。 今年の抱負。 アイビーログ工房の事務所もほぼ完成したので、木の家の良さを、もっと広く皆...

2016.12.27 | 岡原 拓彦

古民家になる家。

木の家といっても、色々あります。 骨組みだけ木を使ってる家。一般にはこのタイプがほとんどです。 何故仕上げに木を使わずにクロスや合板を使うのかと言え...

2016.12.18 | 岡原 拓彦

ツリーハウス作っております。

  ツリーハウスを作りに行きましたが、昨日の寒波の置き土産で雪が残った場所がありました。 少し早く着いたので、稲藁ダムまで行きましたが、中々眺...

2016.12.16 | 岡原 拓彦

ログハウスマガジン夢の丸太小屋に暮らす今月号に掲載されています。

今発売されている、「ログハウスマガジン夢の丸太小屋に暮らす。」一月号に千葉県市川市に建てた林邸が掲載されています。 26ページから29ページに載っていま...

2016.12.9 | 岡原 拓彦

ログハウス・オブ・ザ・イヤー

毎年参加している、「ログハウスマガジン夢の丸太小屋に暮らす」が開催している、ログハウスオブザイヤーの授賞式に行って来ました。全国のログハウスを作っている会社...

2016.12.4 | 岡原 拓彦

ログハウス・オブ・ザ・イヤーの副賞が届きました。

ログハウスオブザイヤーで副賞として、越後の火匠久八さんから、斧や鉈が届きました。アックスマニアにはたまりません。 さっそく薪割りをしようかと思いましたが...

2016.11.19 | 岡原 拓彦

風景を創る仕事。くさる家にすんでみんかえー。

建築は風景を変える。新しい価値感によって変わることが多い建築において、変わらない価値感とは何かよく考える。 古い物が全て良いとは言わないが、残っている建...

2016.11.16 | 岡原 拓彦

ツリーハウスは楽しい。

  ツリーハウスを作っています。 土佐町の山奥、あめがえりの滝のすぐ下の所なので、滝を目指せばすぐわかる場所です。 今回は地元の林業家と、高知大...

2016.10.31 | 岡原 拓彦

見学会と、ものつくり総合技術展の告知。ツリーハウスもやります。

朝晩少し寒くなって来ました。もう11月になるのだから当たり前だが、特に今年は暑い日が続いた気がします。あっと言う間に歳を取る感じは、毎年加速する。 高知北...

2016.10.26 | 岡原 拓彦

アイビーログの、県産材だけで建てる建築は、究極のエシカルハウス。

アイビーログ工房は、今年創立24年となった。昔から変わらないのは、構造材と仕上げ材は、土佐の素材を使い仕上げている事だ。 ポスト&ビームの場合は最初、壁や...

2016.10.25 | 岡原 拓彦

夕景

ログハウスの夕景には、本当に惹かれるものがある。 他に灯りがない場所だと、特にその感じは増す。何故だろう?きっと人間の本能。焚き火をしながら想う、気持ち...